トップページ > 英語が必要な環境がない > すぐに必要もない英語の勉強は時間の無駄?

すぐに必要もない英語の勉強は時間の無駄?

多く人は収入を増やすため、世界中の人と会話をするためと漠然とした目標を持って英語を勉強します。だから続かない。英語学習教室、教材のカモになってしまいます。
「試験をモチベーションにして勉強しよう」「楽しむ事が英語上達の近道」と言ってどれだけ効果があるか?

時間がない、やる気がでない、と言い訳をする。
英語が初心者の間は、英語がちっとも面白くない。
人は好きでもない事をやるとパフォーマンスは最低に下がる。必要がない事は身につかない。


しかし、英語が必要になってから、英語を勉強しても間に合わない。
チャンスの女神は、突然、微笑みます。海外出張、海外留学、海外駐在、1年後にあるから準備をしとけ、なんて誰も言ってくれません。それに、こういう人選は、英語がそこそこできる人の中から選ぶのが常識。

ということで、「すぐに必要もない英語は時間の無駄」と言っていると、一生、英語はモノにできないし、チャンスも来ない。


解決策は、英語が必要な環境を自分で作ること。

私の提案は、英語ニュース。
日々の英語ニュースを聞く。内容がわからなくても気にしない。
できれば、15分程度ガマンする。

テレビ、ラジオ、新聞とあるが、できればテレビであろう。
映像が理解の手助けになる。ラジオも手軽さで悪くない。

具体的なオススメは、NHKラジオの英語ニュース、毎日午後2時から15分間。
これは午後3時にポッドキャストで配信されるので、ダウンロードすれば、いつでも聴ける。携帯機器、例えば、アイフォーンを持っていれば、どこででも聴ける。
ダウンロードは、3ー4回タップするだけで簡単。
ダウンロードは、もちろん無料。


NHKの英語ニュースは、国内の話題を英語で流しているので、何を言っているかは、推測ができる

初心者の方は、難しくて、15分が苦痛かもしれない。時間がない方も、3項目のトップニュースだけを聞くだけなら、1分程度でOK。
キーワードだけわかれば、概略はわかる。

日々のニュースを英語で収集すると、英語が絶対必要な海外で生活しているのと、同じような環境が作り出せる。
別途、英語教材で勉強すれば、ニュースの理解度が進捗確認となる。



●当サイト内に掲載されている全ての文章・画像などソースの無断使用、転用を禁じます●