トップページ > 物語の英語教材 >  時間がないが英語の勉強したい方には、この2つ!

時間がないが英語の勉強したい方には、この2つ!

1.すきま時間の活用

2.英語で好きなことを学ぶ



1.すきま時間の活用


英語のCDをすぐに、携帯機器に取り込んで、聞き流す。が一般的です。

でも、イヤホーンを耳に当てるのが、ちょっと面倒。




私、アイフォーンを使っていますが、良い点をご紹介。


電車の中では、イヤホーンしか仕方がないですが、車の中、家で一人でいる時、夜寝る前に良いのが、イヤホーンなしでボリュームを上げること。

アイフォーンは、テレビ電話も意識しているせいか、ボリュームが大きいんです。最大にすれば、ラジオ替わりになります。




2.英語で好きなことを学ぶ

スピードラーニングを例にとって、歴史を学んでみましょう。

学ぶテーマは、英語の説明の方が本場というものだと、ベターです。


英語 ペラペラ
スピードラーニング 第14巻:情報紙、スクリプト
CD(English-Japanese:46分)、CD(English only:15分) で構成
























スピードラーニング第14巻「レストランでディナー」の中で、ユダヤ人のデリに関する説明で、「過ぎ越し祭」(Passover)の説明を見てみましょう。

時間がない 英語
左に英語、右に日本語。
英単語、文法の解説は一切なし



"What does Passover mean ?"

   「過ぎ越し祭の意味はなんだろう?」

"Do you know the story of Moses ? "

   「モーゼの話は知っている ?」


"Sorry, I'm not familiar with Bible stories. "

   「残念ながら、聖書の話には、詳しくなくってね。」


"Long ago, the Israelites were slaves in Egypt ."

   「随分昔のことなんだけれど、イスラエル人がエジプトで奴隷だった時があるの。」


"Moses asked the Egyptian Pharaoh to set them free. "

   「モーゼはエジプトの王様に、彼らを自由にしてくださいってお願いしたの。」


"He didn't listen ?"

   「王様は聞き入れなかった?」


などと始まりますが、長いので以下、省略します。

要は、海外の歴史を英語で学べば、時間がないあなたでも、大丈夫ということを言いたいのです。

別に、歴史でなくても、技術でもなんでもいいですが、英語の方が本場というのがベターでしょう!


時間がない 英語
情報紙には、色々な情報あり








時間がない方の英語の仕上げは、コレ!

時間がない 英語
フリートークの相手はネィティブ

使わない方もおられるようですが、スピードラーニングには、フリートークというサービスがあるんです。土日もやってます。


1回5分間だけですが、月に2回ありますので、自分が聴きまくったテーマでの会話に持ち込むようにして、ネイティブとの会話を実践してみましょう。


このケースなら、電話をして、冒頭に

"Let me explain Passover to you."と宣言して、話しまくればよろしいんじゃないでしょうか?






●当サイト内に掲載されている全ての文章・画像などソースの無断使用、転用を禁じます●